オートリース

ファイナンスリース メンテナンスリース 販売店の皆様
プライバシーマーク

私たちは(財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

オートリース| ファイナンスリース

ファイナンスリースとは

ファイナンスリースは弊社が車両代金、税金、保険関係費用などを負担し、車両維持、管理に要する費用をお客様に負担していただく方法です。 リース料に組み込まれている費用項目がオートローンに類似しているため次の方にお奨めいたします。


走行距離が比較的少ない

メンテナンスを必要とされない

月々のお支払いを軽減されたい


リースを導入した際に次のようなメリットが生まれます。

1.資金にゆとりが生まれます

リースは、車両代金や税金・保険・諸費用等、一時に多額の資金を必要としません。また、リース料は車両の残存価格を差引き算出されるため、購入に比べてその分だけ資金負担が軽くなります。

2.資金の効率的運用ができます

リースを利用することで自己資金の固定化を防ぐことができます。その分、営業資金として活用でき、運用益をあげることができます。

3.100%融資を受けたのと同じ効果があります

リースは、通常の金融に対して、物融という性格があります。銀行から多額の融資を受けなくても希望の車両が調達できます。これは100%の融資効果といえます。

4.計画的に無理のない支払ができます

リース料の支払額は毎月一定額です。資金計画に合わせて契約期間を定めることで、無理のない支払が可能となります。

5.財務効率を悪化させず、また借入枠が温存されます

購入のために資金を借入すれば、企業の借入枠や資金調達力が低下し、固定資産の増加とともに財務効率が悪化します。しかし、リースの場合は、リース料という経費の支出だけで済み、借入枠も温存でき、財務構成も変わりません。

6.リース料は経費として損金処理ができます

毎月のリース料は税法上必要経費(損金)として、経常利益から控除することができ、リース車両を何台使用しても課税対象になりません。全て経費で処理できるため合理的節税効果があります。

7.リース料が毎月一定のため諸計画が立てやすく、
  輸送コストの把握、原価意識の向上につながります

自動車を所有した場合の車両関係経費は減価償却、整備費用、諸税、下取処分価格等1台あたりの車両コストを明確に把握するのは困難ですが、 リースなら毎月定額支払のため資金計画、利益計画が明確となり、適格な経営効率の判断が可能となります。

8.経理事務が合理化できます

リース料はリース期間中、毎月一定ですから、年間を通じて資金需要の変動はありません。所有の場合、車両コストの把握が必要となり、 減価償却費・税金・保険・金利の算出等で煩わしい手間がかかりますが、リースなら車両コストを容易に把握できますので、予算管理・収益管理・資金計画の 立案等がスムーズにでき、経理事務・管理の合理化になります。

9.月々のお支払が少なくなります

ローン等の借入と比較して、残存価格を設定しているためにリース元本が少なくなり、月々のお支払が少なくてすみます。


個人情報保護方針個人情報の取扱いについて内部統制システム整備方針反社会的勢力に対する基本方針勧誘方針自動車登録情報の取得について